40歳から始めるボートでバス釣り

肩身の狭い小遣い制の妻子持ちが、どうにかこうにかボートを購入してバス釣りを嗜みます。

ボートエース、ステッカーでドレスアップしたい

ダイソーさんの『折りたたみイス』のデザインは大変気に入りましたが、『パイプストッパー』は何であの形なんだろう…と思います。

 

2024年 2月下旬

サイドフロート(ボートフェンダー)の取り付け位置が決まったことで、前々からやりたかった事がひとつあります。

それは、我が『ボートエースGEB-25I』にステッカーを貼ることです。

ステッカーを貼るのが好きな性格で、ルアーケースやタックルボックス、ファミキャンで使うトランクなどに貼っちゃってます。

f:id:nobinson:20240225195841j:image

ただ、本物のステッカーは高いし、買っても貼るのに躊躇してしまう性格なので、私は家電量販店などで売られている『手作りステッカー』という用紙(約1,200円)でステッカーを作っています。

f:id:nobinson:20240225064854j:image

いつもは左を使うのですが、今回はボートなので右の『屋外でも使える』という物を準備してみました。

 

・ステッカーを作る

中は、A4サイズの印刷シートと保護シートの2枚一組で、3セット入っています。

f:id:nobinson:20240224222416j:image

パソコンのWordにダウンロードしたロゴマークをコピーして並べます。ロゴの大きさは自由に変えられます。

f:id:nobinson:20240224221405j:image

もったいないので、A4になるべく隙間なく並べます。

ただし、説明書によると「余白を残さないと水でにじむ」らしいので、白を残して切る部分を想像しながら並べていきます。

プリンターの設定を「手差し印刷」「写真用紙」「きれい」に設定し、印刷します。

f:id:nobinson:20240224222404j:image

保護フィルムを貼ります。剥離紙に切れ目があります。

間の剥離紙を取って、印刷用紙に合わせて貼り、動かないようにします。

f:id:nobinson:20240224223339j:image

広い剥離紙は、「定規にタオルを巻いて、空気が入らないように」とあります。徐々にフィルムを押して剥離紙を剥がします。

f:id:nobinson:20240224224120j:image

このときに、保護フィルムは少し大きいので、細い剥離紙の方にフィルムをはみ出すよう印刷用紙に貼ることで、はみ出たフィルムをテーブルに貼り付けて印刷用紙を動かないようにしたら定規を進めやすくなります。

仕上げにタオルでこすり、空気が残らないようにしっかりとフィルムを着けます。

f:id:nobinson:20240224225027j:image

あとは定規とカッターでカットします。余白を残すようにします。

f:id:nobinson:20240224225321j:image

用紙2セット使って、たくさんできました。

 

・ボートエースに貼る

貼る位置はボードフェンダーの前辺り。取っての出っ張りがあるため、ステッカーが傷付きにくそうです。

貼ろうとする所の汚れをなるべく落とし、養生テープなどで仮止めして貼る位置をイメージします。

f:id:nobinson:20240224225912j:image
ボートのネジを避けて貼らないといけません。

あと、凸凹してたり、水面からボートの縁までが意外と狭かったです。もう少し小さいステッカーを作ればよかったなか?
位置が決まったら、空気が入らないように貼ります。好きなバスプロをイメージして、

f:id:nobinson:20240224230348j:image

左は並木さんと川村さんっぽく。

f:id:nobinson:20240224230559j:image

右は青木さん的に。青木さん、今はAbuではなくDAIWAのようですが…。

ボートエース、傷だらけだしポリエチレン素材のためか、空気が入ってすぐに剥げそうな雰囲気です。

まぁ、そのときは諦めましょう。手作りですし。

 

追記∶一回水に入っただけで、帰り道の走行中に青木さんステッカーが3分の2減りました。

f:id:nobinson:20240225185151j:image

他のステッカーも剥がれそうになっていました。傷やボートの素材に問題があったと思います。

 

・ついでに車も…

車にもステッカーを貼ってみたいと思ったことが、結構何度もあります。

でも、「貼ってみて似合わなかったらどうしよう」とか「経年劣化でボロボロに」とか「釣具狙いで車上荒らし」とか…。車はなおさら躊躇してしまいます。

直接貼るのに躊躇するなら、取り外せるようにすれば…と考え、『マグネットステッカー』を作ってみようと思いました。

100均で、磁石で車につける車椅子マークとドラレコマークを買いました。

f:id:nobinson:20240225210422j:image

車用のマグネットは、車の傷予防?に裏側がコーティングされています。
そう言えば、最近の車はマグネットが付かない車もあるそうです(特にバックドア)。私の車は古いので大丈夫でしたが、作る前に確認しましょう。

マグネットの大きさに合うかどうか、ステッカーの用紙に印刷する前に、普通のA4用紙に印刷して、マグネットを重ねて確認します。

f:id:nobinson:20240225213819j:image

黒がはみ出てます…。少し小さくします。

調整したらボートに貼るステッカーと一緒に印刷して、切ります。

f:id:nobinson:20240225214241j:image

大きさはバッチリです。

f:id:nobinson:20240225214312j:image

貼り付けました。

青が強いのか、車椅子マークが透けています…。まぁいいか。

ドラレコマークは、ステッカーを貼ったあとに、余分なところをカッターで切りました。

f:id:nobinson:20240225214907j:image

ジャッカルマークは給油口の蓋に。

f:id:nobinson:20240225215233j:image

ディスタイルロゴはバックドアに。

f:id:nobinson:20240225215349j:image

遠目で見ると…。マグネットだと分かるときは分かるかも。
f:id:nobinson:20240225215516j:image

釣りに行くときは付けて、釣具を車に置きっぱで離れるときは存在感を消すために外します。

洗車のときも外しましょう。

これもしばらく使ってみようと思います。

 

(100均マグネットの耐久性も、シールの接着力もわかりません。何事も自己責任です。)

 

ボートのオール取り替えと椅子

検証とは言え、リセストレイを忘れたことに気が付いたときはガッカリしましたが、サイドフロート自作を完了させました。

 

2024年 2月下旬

『ボートエースGEB-25I』の不安定性を改善すべくボートフェンダーで作ったサイドフロート。

その実験の際に、アルミ製のオールをボートエースのオールクラッチに使えるようにしました。

ボートエースについているオールは、柄が木製です。これが結構重たいです。

また、結構な長さがあり、オールを漕ぐと柄同士が当たります。

ついでに言うと、経年劣化でまぁまぁのササクレ…。

と、いうことで新たなオールをクリスマスに購入していました。

f:id:nobinson:20240223151654j:image

・オールクラッチを付け替える

用意したのはダイソーさんの、物干し竿に挟む『ポールクラッチ』110円。

f:id:nobinson:20240223152411j:image

丸いのを想像していましたが、花型しかなかったです。

ボートエースのオールから、オールクラッチを外します。

水かきのほうに蝶ナットが付いているので、これを抜けばオールクラッチを取ることができると思いました。

が、蝶ナットが錆びついて全然回らなかったので、オールを止める黒い部分のネジを外してオールクラッチを抜き取りました。

f:id:nobinson:20240223152042j:image
これをアルミオールに通して、ダイソーさんの『ポールクラッチ』で抜けないようにしました。
f:id:nobinson:20240223152208j:image

これを前回のブログで、ボートエースに使いました。

f:id:nobinson:20240223160826j:image

柄も当たらず軽快に漕げます。

 

・ボート用のイスを用意

当初は、タックルボックスとして購入した『ドカット』に座って休憩しながら操船しようと考えていました。

しかし、今までは短時間のボート釣行しかしておらず、タックルボックスを積まずに出航しています。

おそらく、これからも短時間の釣行では、ドカットではなくタックルバッグで済ましてしまうと思われます。

そこで、ボート用のイスを探しました。

アルミボートには座高の高い『キャスティングシート』というものが定番?お隣さんのボートにも付いていました。

レンタルボートに『脚立』を持ち込む方もいるようですし、脚立用のシートも売られています。

できるだけ座面が高く、軽量で省スペースなものがいいな〜とダイソーさんをウロウロしていると…。

見付けました。『折りたたみイス』550円。

f:id:nobinson:20240223220132j:image

座高は39cmと少し心許ないですが、どっしりしていてボートが揺れても倒れないかも。

座面の穴を引くと、

f:id:nobinson:20240223220601j:image

サッと折りたためます。狭いハイデッキで、不要なときは畳んで後ろにポイっと省スペース化を図ります。

ボートで座ってみると

f:id:nobinson:20240223220839j:image

思いのほか座り心地はいいです。

スペース的にはこんな感じ。

f:id:nobinson:20240223220932j:image

しばらく使ってみようと思います。

 

【今回の出費】660円

 

(オールも椅子も、使い込んでいない全くの初見です。何事も自己責任です。)

 

 

 

ボートフェンダーの安定性を検証

サイドフロート(代用)を着けて、これ以上不具合が見つからないように願っています。そろそろ春に向けてボートを完成させたいです。

 

2024年 2月下旬

実験の前に、前回ボートの中央に取り付けたボートフェンダーを、ボート後方にも取り付けられるようにしました。

と言うのも、エレキも古いので、前回のエレキトラブルのように動かなくなった時のために、オールの穴をなるべく生かしておきたい気持ちになりました。

ボートフェンダーをサイドフロートにした詳細です↓

nobinson.hatenablog.com

・ボートフェンダー装置に穴を追加

追加の材料は、

角座金6×54 4枚 約300円

f:id:nobinson:20240218192720j:image

ボート側のパイプの端から1cmのところに、新たに12mmの穴を開けました。

f:id:nobinson:20240218192732j:image

イレクターキャップがドリルに当たりますが、強行突破です。

角座金2枚を使い、ボートの一番後ろの取っ手を挟むようにボルトに通し、締めます。

f:id:nobinson:20240218192757j:image

ボート横の後方の把手には、ボート中央に取り付ける時のパワープレートで補えます。

f:id:nobinson:20240218192810j:image

サイドフロート ボート後方Ver.の完成です。これで中央と後方でマルチに対応します。

 

・安定性の実験

実験の目的は、

①思ったより小振りなボートフェンダーで安定性は大丈夫か。

②取り付け場所はボートの中央と後方、どちらがより良いか。

それらを確認するため、いざ出陣。

時間の都合上、釣りは全く考えず、ガチで水に浮かべてみるだけです。

一応、フル装備で浮かせてみようと思いましたが、リセストレイを忘れてしまいました…。

f:id:nobinson:20240223134415j:image

まだボート釣行に慣れていません。まぁ、重たいのはバッテリーとエレキなので、ひとまずこれらがあれば実験できるでしょう。

まずは「フットコンエレキでボートの前方に立つので、フェンダーも前に近いところが良いのでは」という当初の考えだったボート中央に取り付けてみます。

f:id:nobinson:20240223135213j:image

重たいであろうエレキが着いた側のボート端に体重を掛けても、一人くらいなら転覆は耐えられそう。

ボートの中央なら片足立ちも大丈夫です。ペダル操作ができるかな?

次は、「オールの穴を生かし、古いエレキにトラブルがあってもオールで漕ぎやすくする」、また「釣れた魚を取り込みやすい」目的のボート後方に取り付け。

f:id:nobinson:20240223140316j:image

なんと、これでもボート中央と変わらぬ程度の横揺れです(写真の左隅に、わずかに私の足が写ってます)。

むしろ、なぜか中央に装着した場合より安定性は若干良い気がします。

ボートを調べていたときに、『オーパ・クラフト』さんのミニボートは「ボートの前に一点、後ろの両サイドに二点の浮力体を作って三角形を作り、安定性を上げている」というような記事があったような…。

ボート後方にサイドフロートを取り付けると、それと同じ原理が生まれるんですかね?

何はともあれ、これでオールも取り付けられます。

f:id:nobinson:20240223141604j:image

しかも、フロートにオールが置けます!これはもう、取り付け位置は後方に決まりです。

エレキにバッテリーを繋いでいなかったので、早速これで漕いで岸に戻りました。

 

これでようやく、ボートの調整はすべて終わったと思われます。あとは釣りに行く時間を作れるかに掛かっています。

 

【今回の出費】約300円

 

ちなみに今回、いつも通り車の横からボートを下ろす際に、斜面で行ったためか大きくボートがズレて、右人差し指はバーに挟み捻挫様の痛み、左人差し指の根元となぜか膝下を擦過傷、車の屋根をボートで擦りました…。

カートップの積み降ろしは油断してはいけませんね…。地形を確認しなくては。

 

(耐久力も浮力もわからない自作品です。何事も自己責任です。)

 

不安定ボートエースにフェンダーを付けてみる

エレキの修理が何とかなって、ほっと一安心しました。古いものを買うときは、無駄になるかもしれない覚悟と、なんとかする情熱?が必要です。

 

2024年 2月中旬

ハイデッキ完成試乗会で浮き彫りになった『ボートエースGEB-25I』の安定性の低さ。デッキに立とうとしたらグラグラでした。

そこで、ボートの横に、新たに浮力体を取り付けることで、転覆予防になるという『サイドフロート』を検討しました。

ただ、純正のサイドフロートは5万円以上。似たものでも3万円くらい。手が出ない…。カミさんにも相談できるレベルではない…。

安定性は増すのでしょうが、重量もひとつ4kgくらいあるようです。左右合わせたら『ボートエースGEB-25I』の総重量は40kg。少し尻込みする重さです。

色々と調べると、フロートを自作して取り付けている方も多そうです。ポリタンクを加工したり、塩ビパイプで作ったり…。

そんな中、目についたのは『ボートフェンダーというもの。本来は停泊中のボートが岸への接触するのを避けるためにぶら下げる物のようです。

それをボートの横に付けて、「安定性が増した」という情報が多いです。詳しい浮力はわかりませんが。

重量もひとつ1.8kg。まぁ許容範囲でしょう。

と、言うことで買ってみました

ボートフェンダー21cm×68cm 約6,300円(クーポンやポイントを使って)

f:id:nobinson:20240210133722j:image

ボートの底が黒いから、ブラックを購入。思ったよりも小さいです。これで横揺れが支えられるのかな?

・取り付け位置を考える

購入したボートフェンダーの長さで言えば、船尾の穴から横後方の取っ手にも付けられそうですが…。

f:id:nobinson:20240210213027j:image

船外機が後ろにあるボートは、後ろにフロートを付けると安定するよう。

私は船外機(エレキ)が前にあり、立ち位置も前側なので、ボートの中心に来るように付けようと思います。

f:id:nobinson:20240210214504j:image

ボート横前方の取っ手と、オールを取り付ける穴が使えそうです。

取り付けの高さは…

あまり低すぎると水に浸かり、抵抗が増してスピードが遅くなるそうです。私のエレキは37lds.しかないので、なるべく抵抗はない方がいいです。

本来なら、推進力を考えれば普段はフロートが水面の上にあり、ボートが傾いて初めて水に着いて浮力が働く、という位置がいいようです。

おそらく私のボートエースは、横にある段差の辺りまで水に浸かっていると思います。

ボートの縁に高さを合わせるようにすれば、フェンダーの5分の1くらい浸かるかな?

 

フェンダー取り付け自作

ミニボートにボートフェンダーを取り付ける画像やブログは色々とあります。皆さん、プレートや金具を上手に使っています。

私は、今までもお世話になってきた『イレクターパイプ』を加工しようと思います。イレクターパイプ大好きです。

材料は…

イレクターパイプ1500 約800円

イレクターパイプジョイント4個、インナーキャップ12個 約750円

塩ビパイプ13mm 50cm 約150円

M10チェンジノブ2個 約400円

M12チェンジノブ2個 約600円

パワープレート3×30×150mm2枚 約600円

ボルト、蝶ナット、ワッシャー 約1,500円

 

①取り付けパイプの作成

イレクターパイプを20cmを4本15cmを4本8cmを2本カットします(※家にあった余っていたパイプも使っています。これを5cmにしたら、ちょうど1500のパイプに収まります)。

ダイソーさんの『パイプカッター』の出番です。

f:id:nobinson:20240212185236j:image

カッターの切れ味が悪くなったのか、結構大変。腕がパンパンです。

f:id:nobinson:20240212222744j:image

こんな感じで、20cmのほうがボート側、15cmがフェンダーです。

ボルトが通るように、20cmのパイプは端から5.5cm15cmのパイプは端から5cmのところに12mmの穴を開けます。

ついでに、8cmのパイプにも真ん中あたりに穴を開けます。

f:id:nobinson:20240212223156j:image

パイプの端は、インナーキャップをつけます。一応、水が抜けるように穴を開けました。

f:id:nobinson:20240213122759j:image

切り口はキャップが入りにくいので、金槌で叩いて入れました。

パイプの穴が縦になるように、接着剤でジョイントと固定し、さらにネジで固定して抜け予防します。

f:id:nobinson:20240213123125j:image

ドリルで3.5mmの穴をパイプまで開けて、4mmの太さのネジを込めました。

フェンダーの固定

13mm(内径?)塩ビパイプを7cmに4本切ります。ノコギリで切れます。

フェンダー側のパイプにM12×110mmのボルトを通し、塩ビパイプを通します。

f:id:nobinson:20240213123840j:image

私が購入したフェンダーの穴には、このパイプがピッタリでした。

ワッシャーとナットで固定します。

f:id:nobinson:20240213124146j:image

ワッシャーでフェンダーが抜けるのを抑えます。ちょっと頼りない感じがしますが…。

同じように4箇所固定します。

③ボートに取り付け

前側の取っ手にはチェンジノブを付けた『M10×80mmのボルト』と『150mmのパワープレート』を蝶ナットで固定します。

f:id:nobinson:20240213233658j:image

そして、後ろ側のオールの穴にはチェンジノブ付きの『M12×110mmのボルト』と『8cmに切ったパイプに12mmの穴を開けたもの』を使って蝶ナットで固定します。

f:id:nobinson:20240213233724j:image

ボートの縁の裏側は横幅が少なく、『長細いもの』でないと、固定の基礎に使えません。オールの穴の下はさらに狭いです。

f:id:nobinson:20240213235023j:image

こんな感じで、ボート中央のサイドフロート完成です。

ガッチリ固定できています。

f:id:nobinson:20240213235110j:image

エレキマウントのデッキを取り付ける穴を塞がないようにパワープレートの位置を気を付ければ、エレキも取り付けられます。少しケーブルがフェンダーに当たるくらいです。

 

思ったより小さかったボートフェンダーで、どれ程の安定性があるのか、早く試乗してみたいです。

 

【今回の出費】約11,100円

ボートフェンダーを取り付けるための装置に4,800円くらい掛かりました…。まぁ、3万円のサイドフロートよりは安いか…。

 

 

(素人の、安全性もわからない自作です。何事も自己責任です。)

 

追記:ボートエースの後方にも取り付けられるようにしました↓

nobinson.hatenablog.com

 

フットコン、舵のトラブル発生からの修理

今のところ、『ボートでバス釣り』ブログではなくボートのDIYばかりです。

 

2024年 1月末日

我が『ボートエースGEB-25I』がフットコンエレキ仕様になったので、試運転しようとダム湖に向かいました。

タックルは持ちましたが、釣りではなく『試運転』なのは、色々と不安要素があるからです。

 

不安要素① フットコンのシャフトが空転

私のエレキ『モーターガイド STEALTH 300V』。コントロールペダルで左右に一杯まで回すと、ピタッと止まらず少し空転します。

さらに魚探のケーブルを添えたことで、より空転が大きくなりました。ちゃんと運転できるのか?

不安要素② 水面での安定性

ボートエースを調べると、不安定さに定評があります。

ハンドコンのときは足元のスタビライザーのおかげか、立っての釣りは何とかできました。しかしフットコンは前方に立ち、ハイデッキで支持面も高くなっています。果たして立てるのか?

 

この2つを確かめるために、いざ湖上へ。

ボートですが、仕組みが多くなった分、準備はやっぱり大変です。でも…、

f:id:nobinson:20240201220204j:image

「ちょっとカッコいいんじゃない?」。

見た目はバス釣りっポイ感じが向上し、期待に心踊りました。

そんな期待もすぐに崩れました。

ハイデッキに乗ってエレキのペダルを踏もうとしたら、片足が上げられないくらい不安定です。

ハンドコンでボートの床に立った時よりも5倍くらい横にグラグラします。不安要素②は現実のものとなりました…。

 

マジで立っていられない。これは危ないとしゃがんで、ペダルを手で操作する始末。

すると、舵が効きませんペダルを前後に動かしても、左に回旋するばかりです。正確には岸から離れながら回って行きます。

f:id:nobinson:20240202183205j:image

エレキを持ち上げてペダルを踏んでみると、ヘッドの中のギアは動いているけど、シャフトがスカ〜と空回りしている感じの音がします。おそらく水の抵抗に負けてシャフトから下が回らないのでしょう。不安要素①も予想以上の結果で的中しました。

だんだん岸から離れていくので、何とか戻る方法を考えました。

回旋しボートが岸に向いたタイミングで、手でエレキのスクリューを真っ直ぐ向けて、そっと水中に入れます。ペダルを前後に動かさない(方向を変えない)ようにスイッチを押し、前進します(しゃがんで手で操作)。細かな方向転換はオールで行い、何とか岸に戻ることができました。

 

さらにもうひとつ予想外の事態。『DYNASTY ボートドーリー』に頼ってボートを運んでいたら、車輪が動かなくなりました。

見てみると…、

f:id:nobinson:20240202215745j:image

トランサム板とドーリーの間に挟んでいた板がズレ落ちています

上の方だけ削れているので、板が弱かったと思われます。

この後も、しばらく動かすたびにズレてしまいます。補強が必要です。

この日はロッドを1つも振らず帰宅しました…。

良かったのは、魚探がちゃんと作動する確認ができました。

 

・フットコンエレキの空回りを修理

帰ってエレキのヘッドをドライバーで開けてみました。

f:id:nobinson:20240204001704j:image

コードが多くて尻込みします。

ペダルを踏めばギアはスライドするし、ギアもちゃんと噛んでます。

インナーシャフトが空回りするときの音は、ギアよりも下から聞こえます。

どうにかギアの下が見れないかと観察すると、ワイヤーと関連しているギアのネジを外すと、インナーシャフを回すギアの下が見れそうです。

f:id:nobinson:20240204193828j:image

アウターシャフトの下にストッパーみたいなものがあるので、これも緩めます。

f:id:nobinson:20240204194021j:image

2.5の六角レンチで回しました。

下からインナーシャフトを持ち上げますと、ギアも上がります。

シャフトとギアの接点にネジ山が見えます。f:id:nobinson:20240205074510j:image

ペダルを踏んでみると、ギアは回るけどココから下のシャフトが動きません。

このネジ山にギアをねじ込めば、シャフトが固定されるのでは?

ギアをプライヤーで挟み、下からインナーシャフトを上げながら手で回します。

f:id:nobinson:20240205190730j:image

けっこう硬いですけどネジ山にギアが入っていきます。そして、シャフトがしっかりと動き、ピタッと止まるようになりました!

 

・インジケーターとプロップの向きをペダルに合わせる

せっかくヘッドを開けたので、マウントに自分好みの向きにヘッドを固定したときに操舵しやすいように、プロップの向きを変えようと思います。

ヘッドの向きは、マウントに対して45度右にすると、エレキのケーブルが邪魔にならないと考えました。

f:id:nobinson:20240205193144j:image

この位置だと、エレキを引き上げたときにケーブルが下に来ます。

f:id:nobinson:20240205193320j:image

このヘッドの位置で、ペダルを目一杯踏み込んだときにバックするようにプロップの向きを変えます。そうすることで、踏み込みが前後の真ん中で直進することになり、操舵しやすくなるハズです。

①ペダルを前か後ろに目一杯押す。

②ケーブルに連動している真っ直ぐなギアを指で持ち上げる。
f:id:nobinson:20240205194651j:image

③この状態で、プロップが正面(バックするよう)に向くようにインナーシャフトを回す。

④ペダルとインナーシャフトが動かないように、ケーブルのギアを元に戻す。

⑤インジケーターの向きをプロップに合わせて、ギアに噛み合わせてフタをする。

f:id:nobinson:20240205201652j:image

これで、好みのヘッドの位置で、好みの進行方向にインジケーターとプロップの向きを変えることができました

f:id:nobinson:20240205200550j:image

 

・ドーリーを付ける板の補修

ドーリーに板を挟んでいる理由です↓

nobinson.hatenablog.com

トランサム板とドーリーの間に挟んでいた板の、厚さをかさ増しした木材が弱く、凹んでます。

f:id:nobinson:20240205204206j:image

土台の板のほうが硬そうなので、裏表をひっくり返して使おうとしました。

f:id:nobinson:20240205204639j:image

それでも、ドーリーのノブを締めれば締めるほど下の方は隙間が開きます。

ので、スタビライザーに板を支えてもらう事にしました。

家にあった35cmくらいの木材を、板の下にネジ止めします。

f:id:nobinson:20240205213940j:image

これを下にして、ドーリーとトランサム板に挟みます。

f:id:nobinson:20240205214733j:image

これで、ドーリーがズレても板は落ちないと思います。

あとは、車輪を下にして使うときはボートを押す、車輪が上のときはボートを引いて動かすようにして、ドーリーのズレ予防に努めます。

 

あとはボートの安定性を上げるためにどうするか考えます。これが何とかならないと、出船できません…。

 

(エレキの蓋を開けるのも、ドーリーをボートエースに付けるのも、何事も自己責任です。)

 

ボートエース、ハイデッキ装着

最近、寒波が来るとギックリ腰のリスクが高いような気がします。寒い日には無理をしないよう心掛けます。

 

2024年 1月下旬

『ボートエースGEB-25I』のハイデッキの土台も出来上がり、ついに実装してみます。

まずは『ハイデッキ前側』。

f:id:nobinson:20240128212453j:image

『ハイデッキの裏側』で施行したイレクターパイプのかさ上げが効いているようで、ガタツキはありません。

イレクターパイプの高さの微調整や、リセストレイの土台です↓

nobinson.hatenablog.com

そして『ハイデッキ後ろ側』。

f:id:nobinson:20240128212623j:image

最後に『マウントデッキ』。

f:id:nobinson:20240128212704j:image

ふぅ…、コンパネ、1×4材、カーペットが集まると、結構な重量です。ボートエース、大丈夫かな?

発泡スチロールブロックを置いて、

f:id:nobinson:20240129201346j:image

リセストレイ』をセット。

f:id:nobinson:20240129201412j:image

フットコンエレキをマウントにつけます。

f:id:nobinson:20240129201449j:image

コントローラーを置きます。

f:id:nobinson:20240129201733j:image

ケーブルが硬くて、トレイの斜めの部分に当たって前方が少し浮いてます。踏んだら大丈夫かな?

ボートの出っ張りでできたわずかな隙間にバッテリーのケーブルを潜り込ませて、デッキの下に配線します。

f:id:nobinson:20240129202048j:image

ちなみにケーブルは、『ハンドコン』のときにやった要領で、丸型圧着端子に付け替えてます。

f:id:nobinson:20240131215144j:image

ハンドコンに丸型圧着端子を付け替えた様子です↓

nobinson.hatenablog.com

マウントの動きを見て、エレキのヘッドはマウントに対して90度右にしたほうが、コントローラーのケーブルの動きが邪魔になりにくいと考えました。

f:id:nobinson:20240129202359j:image

いや、邪魔かな…。

魚探』を置きます。事前に、家にあった両面テープ付きの面ファスナー(マジックテープ)を架台の裏に貼っておきました

f:id:nobinson:20240131075935j:image

どこに設置しようかな…。

コントローラーの前が邪魔にならないかな?

f:id:nobinson:20240131203702j:image

振動子と水温センサーは、金具が付属していたのでエレキに取り付けました。

f:id:nobinson:20240131214339j:image

配線もシャフトやコントローラーのケーブルに、絶縁テープで留めます。

f:id:nobinson:20240131214706j:image

f:id:nobinson:20240205220133j:image

テープ、黒にすればよかった…。

この配線たちも、デッキの下に入れておきます。

f:id:nobinson:20240131215238j:image

これでボート前方の装備が整ったはずです。

f:id:nobinson:20240131215423j:image

追記∶後々、魚探のケーブルはカバーを付けて、結束バンドでエレキに固定しました。

f:id:nobinson:20240211144454j:image

f:id:nobinson:20240211144515j:image

 

ここまでやって、気が付きました。

アルミボートよりも手軽に出船できるかと思って選んだFRPボート(ミニボート)ですが、アルミボートだから大変なのではなくて、『フットコンエレキを使うから準備が大変なのだ』と…。重いし、準備も多いです。

しかし、今更後戻りはできません。とことんボートエースを突き詰めます。

 

(素人の手探りのアレコレです。何事も自己責任です。)

 

ハイデッキ作りの全貌です↓

nobinson.hatenablog.com

nobinson.hatenablog.com

nobinson.hatenablog.com

nobinson.hatenablog.com

 

 

ボートエース用ハイデッキの裏側

自作のハイデッキにカーペットを貼ると、ミニボートでも少しそれっぽい雰囲気が出てきます。テンションが上がります。

 

2024年 1月下旬

出来上がった『ボートエースGEB-25I』のハイデッキを載せてみます。

と、その前に、カーペットを貼っていないデッキの裏側。コンパネの表面が粗く、運んでいると木のササクレが手に刺さりそう(実際に刺さりました)なので、家にあった『水性ウレタンニス』を塗りました

それでは載せてみます。

f:id:nobinson:20240123204622j:image

見事にツートンカラーですが、同系色っぽいから許容範囲です。

f:id:nobinson:20240123204800j:image

重なる部分は、カーペット2枚分になってしまい、少し段差ができました…。まぁ、つまずきはしないでしょう。

 

今までのハイデッキ作りの内容です↓

nobinson.hatenablog.com

nobinson.hatenablog.com

ハイデッキのカーペット貼り付けです↓

nobinson.hatenablog.com

nobinson.hatenablog.com

・土台(イレクターパイプ)を付ける

土台となっているイレクターパイプには隙間があります。

f:id:nobinson:20240123204955j:image

前方は5mmほど、後方で2〜3mmほどでしょうか。接着剤でジョイントを固定する前に測ればよかったです。

土台を伸ばすためにイレクターパイプのキャップを4個(200円)買いました。

f:id:nobinson:20240123205613j:image

縦のパイプの底にはめます。このキャップをはめても、ジョイントには余裕で入ります。

f:id:nobinson:20240124070037j:image

この厚みが3mmなので、後方はクリアできそうです。

前方はさらに、床面に3mm厚のゴム板を瞬間接着剤で貼り付けました。

f:id:nobinson:20240123205752j:image

これで合計6mm増したはずです。

ネジでパイプの可動部を留めます。

f:id:nobinson:20240123235101j:image

ボートに載せてみたときに、鉛筆で印を付けていました。そこに合わせてネジ止めします。

f:id:nobinson:20240123235231j:image

ボート床側のパイプは接着剤で付けず、着脱できるようにしています。ので…

f:id:nobinson:20240124071528j:image

床側のパイプを抜くと折り畳めます。車のスペース確保に少しでも貢献できるかと思います。

・リセストレイを付ける

f:id:nobinson:20240125224253j:image

リセストレイの深さは10cm、デッキの高さは約23cm。リセストレイが床から13cmほど離れています。

f:id:nobinson:20240125223516j:image

コントローラーを踏み込んだときにリセストレイが抜けないように、下を何かで支えたいと思います。

購入したのはダイソーさんの『発泡スチロール製ビッグブロック(220円)』

f:id:nobinson:20240125223716j:image

なんと、耐荷重80kgらしい。私のが体重を余裕で支えられます。

ただブロックの高さは18cm。5cm切らないといけません。

高さ13cmになるように線を引きます。

f:id:nobinson:20240126003915j:image

どうやって切るか…。熱で切るスチロールカッターはさすがに持っていません。

厚さが9.5cmあるので、カッターも難しいです。

悩んだ挙げ句、ノコギリで切りました。

f:id:nobinson:20240126004630j:image

木はノコギリを引くときに切れますが、発泡スチロールは押したときのほうが切りやすかったです。

f:id:nobinson:20240126071716j:image

発泡スチロールの粉だらけになりますが、切り口は割とキレイです。

リセストレイの下に置いてみます。

f:id:nobinson:20240126071819j:image

真っ直ぐに切れず、トレイとの接地面に少し隙間があります。

f:id:nobinson:20240126074916j:image

そして、少しトレイを持ち上げています。まぁ、つまずきはしないでしょう。

ハイデッキをボートエースに装着する準備は整いました。

 

【今回の出費】約420円

 

 

(素人の、耐久性もわからない自作ですので、何事も自己責任です。)